2006 ドイツ&ベネルクス>>>旅コラム


コラム-古都ゲントGent写真レポート

ベルギーの古都ゲントは首都ブリュッセルから列車で40分ほどのところにあります。昔のままの面影を色濃く残す旧市街は大変情緒があり素敵な街です。
このゲントの街に3泊ほど滞在しました。


石畳の小路
ゲントのメイン駅セントピータース駅
駅前の広場。トラムとバスが主な交通です
駅を出て左側にあるトラムステーションから1番のトラムで街の中心部(旧市街)にゆきます。
聖バーフ大聖堂とファンアイク兄弟の銅像
聖バーフ大聖堂にはファンアイク作の絵画「神秘の子羊」があります。ゲントの至宝で15世紀フランドル絵画の最高傑作といわれているそうです。
中心に見えるのが聖バーフ大聖堂正面。ゲントで一番の大きな教会です
ゲントは川に囲まれていて、水路も多くあります。
自転車で街を廻りました
川沿いの通り。このときはすこし雨が降っていましたが、雨にぬれた街もまた情緒が感じられて素敵でした
宿の前の路地。石畳が絵になります
日暮れのゲント
ライトアップされた夜景もまた素敵です。さほど観光地化もされていないので比較的治安も悪くありません。
 


+