インドネシア&シンガポール女ひとり旅


世界遺産「ボロブドゥール遺跡」レポート


インドネシアの旅の一番のメイン「世界遺産ボロブドゥール」レポート(^O^)ノ


インドネシアのジャワ島(バリ島の隣の島)にあるボロブドゥールは最大の仏教遺跡。ジャワ島中部、ジョグジャカルタのはずれにあります。バリから飛行機(国内線)で1時間で行けます。
この遺跡にはまだ多くの謎があり、いつ、なんのために、誰が造ったのか、いまだに解明されていないという。なんともロマン。オランダの植民地時代に多くの石像のあたまが持ってゆかれたらしく、頭のない仏像も多かった。
私は遺跡のすぐ近くの「マノハラホテル」に滞在しました。翌朝早朝の遺跡からのサンライズを見るため。サンライズは残念なことにモヤであまり綺麗には見れませんでしたが、うすもやの中の遺跡もまた幻想的で素敵でした。
座禅してみる
一番下の階層のレリーフは人間の欲望を表
現してます。
たくさんの様々な石像があります
一部修復中。地震で壊れてしまったそうで
す。
 
壁面のレリーフは物語になってるそうです
あさもやが幻想的な雰囲気を演出してくれ
ました
 ストゥーパに仏像が入ってます

太陽が昇りました
 
朝もや
朝日を見る客はまばらでした
遺跡の守り神のライオンだそうです
なんか、かわいい(´ー`)
後から

航空写真

地図 マーカーがあるところが上からボロブドゥール、市街、プランナパン 


大きな地図で見る







MENU: