アメリカドライブ 女一人旅

ロサンゼルスからラスベガス

5月13日(日)ロサンゼルス→ラスベガス

今日はラスベガスまで行くロングドライブなので早めに出ようと思っていたのに寝坊で失敗!。ちゃっちゃとシャワー、身支度を終えて荷物を車に積む。ロビーに行くとセルフサービスの朝食が用意されていたので軽く頂いてからチェックアウト。

さあ、出発!ロードマップを確認して、なるべく単純な道順を考えて車を発進させました。
あらためて専用車があることが嬉しい。お気に入りの音楽を流してのりのリで運転。しばらくは順調に進む。いよいよ、インターステートハイウェイに乗るときになって気を引き締める。ベガスに行くI-15に接続するI-10。入り口はすぐに解り、“イースト”の方向も確認、流れにまかせて入る。スピードを上げていき、周りの早さに合わせると70mph(約112km/h)を越えた。車線が狭まるので左にウインカーを出して車線変更。かなりの緊張。スピードにハンドルが取られるので握る手に力が入る。無意識に背中がシートを離れる。けっっっこー恐いかも・・・。道がアスファルトではなく、白いコンクリートで、走りやすいようにか、縦じまのエンボスが入っている。車線が引いてないので境界が分かりづらい。コワイ、コワイ、コワイ!その後、車線変更など出来るわけがなく、最端のレーンを走っていたのだが、それが思わぬ間違いを冒してしまった。走っていた車線がExitOnlyになり、出るつもりはないのに道の流れにしたがってハイウェイを降りてしまったのです。「ちがー!」と思っても後の祭りで一般道にでてしまいました。

しかし、おかげで一息入れることが出来、緊張がほぐれた。・・・のもつかの間、戻ろう戻ろうと思いつつももとの道に戻れず迷う一方。ふと周りを見ると閑散とした山の中。勘で適当に走り戻る、I-10は見つからなかったが57号ハイウェイを見つけたのでスタンドに止めて位置を確認した。そのハイウェイはI-10にうまく連結しているようなのでそいつに乗れば戻れる。

ついでにガソリンを入れてくことにした。初めての給油なのでガイドブックを片手にやってみる。クレジットカードを通して・・・?。???。????。と、いうわけでレジのおっちゃんにヘルプを求める。レジで打ってくれて、給油準備ok,再度給油!。・・・???。出ない。グリップを変えて、・・・でない。でないっす。がちゃがちゃとやっていたらおっちゃんが出てきてレクチャーしてくれました。分かりづらいタイプの給油機でした。なーる、そうなのね。納得、サンキューで給油完了。ついでにショップでマフィンとスナックを買ってスタンドをでる。気さくで親切なおっちゃんでした。

57号からうまく10号に戻ることが出来、再び緊張のドライブ再開。やはりまだコワイ。んで、はじっこを走ってるもんだからまたやっちゃたんですね。「あー!ちがー!!」また出口を出てしまいました。へたに戻ろうとあがくとよけいに迷うので開き直って行けるところまで一般道で行くことに。幸いI-10と平行して走る道に乗ったのでそのまま走行を続けた。らくちん、らくちん。

しかし、この調子で今日中にベガスにたどり着けるのだろうか・・・。その道も最終的にはI-10に連結していて、再び乗る。乗ってすぐにI-15へのジャンクションで慎重に運転して方向は間違えずにI-15に乗り換えることが出来た。ここからは一本道。車線も車も少なくなり、ずいぶん走りやすい道でした。道が素直でまっすぐなので、スピード感がマヒする。うっかり90mphにまで達することもしばしば。景色はひたすらなにもない荒野(砂漠)が続く。運転と景色に慣れると今度は睡魔との戦いが始まった。道のりは長い。何回目かのウトウトの後、いよいよ危険を感じ、いったんハイウェイを降りて休憩をとる。車を止めて体を伸ばし、リフレッシュ。気温はかなり高く暑い。

ロスをでておよそ4時間ぐらいたってやっとカリフォルニアとネバダ州の州境に達した。州の変わり目にいきなりもうカジノ&ホテルが出現したのでネバダに入ったことがすぐに解った。(ネバダ州はカジノが公認されている)ベガスは近いぞ。

それから1時間程でついにベガスに到着しました。メインのストリップ通りに入る。まず目に入ったのはホテルマンダレイベイのゴールドの巨大な建物でした。続いて、ルクソール、エクスカリバー、ニューヨーク・ニューヨーク、道を挟んでモンテカルロ、右手にはトロピカーナ、MGMグランド・・・。その大きさ、派手さには開いた口がふさがらない。本当に街全体がアミューズメントパークの様。とりあえず、左右のホテルを仰ぎながらストリップを走り進む。ホテル“サハラ”のある十字路で角にあったギフトショップのパーキングに入った。どうも先ほどからおなかの具合が怪しい。ショップに入りトイレを探したが、なかったので再び車を出して、来た道を戻った。つぎに入ったコンビニにもなく、マクドナルドでようやくトイレを発見して拝借しました。何も買わないのも悪いかな、と思ったけど食欲が全くないのでそのまま店を出ちゃう。調子が悪いのが直らないのでホテルにチェックインしてしまうことに。

今日の宿はオンラインでリザーブした、ホテル・モンテカルロ。

高級ホテルなのだけれど、平日や日曜日は驚き格安価格で宿泊出来るのだ。週末には1泊$200ぐらいする宿泊費がこの日はなんと$59。平日のベガスはおいしい。ストリップを戻ってモンテカルロ近くのセルフパーキングに入った。バレーパーキングというのもあるのだけれど何となく私には敷居がたかかった。荷物を抱えてレセプションへ。予約したことを告げたが、予約が入っていないということで、新規のチェックインとなりました。宿泊費の支払いはクレジットカードで清算。
部屋は16階の120号室、大きなキングベットのシングルルーム。

さすが高級ホテルだけあって、格調の高そうな家具は統一され、バスルームも広く、アメニティーもホテル専用のものが一通りそろっていました。窓からの景色も良く、東向きで、ホテル・ミラージュやパリスなどが遠くに見える。夜景が楽しみ。とりあえずシャワーでリフレッシュしたけれど、調子悪いのはなおらず、しばらくは部屋でおとなしく(ダウン)していました。時間がもったいないので、ある程度落ち着いてから、気を取り直して周辺の散策に出発しました。モンテカルロのカジノやショッピングモールを廻り、外に出て、隣のニューヨーク・ニューヨークを拝見、向かいのMGMを通って隣のm&m’sのショップ、コカコーラのショップに寄り道して、その近くのマーケットに入った。ミネラルウオーターとベーグルを買って、出てそのまた近くのスターバックスカフェでコーヒーを買って外の席で一息。暑い。だんだんまた具合が悪くなってきたので、ホテルに戻ることにしました。まだ二日目だというのについていない。

部屋で一休みしてきずいたら外は真っ暗で、ホテルのライトアップがひときわきらめいていました。調子もいくぶんまた良くなったので再びホテルをでて、今度は車を出しました。ストリップを走って夜のライトアップを見に出かけました。道路が混んでいるのでのんびり廻りを見ながら進める。どこも派手な光のアートを見せていて、昼間とはまた異なる街の一面でした。夜も10時近いというのにストリップは観光客で未だにぎやか。

ホテルに戻り、今夜もまた寝つけない夜を過ごした。キングサイズベットがとても広く感じた。



先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ

Content:
Content: