***

ヨーロッパの
ユースホステルとYWCA

ユースホステルとは安く泊まれる簡易宿泊所でバックパッカーご用達。基本的に相部屋(ドリトミー)です。場所によってはとてもおしゃれなYHもあり、YH発祥の地ドイツでは古城を改装したYHなどもあります。

ユースホステルに泊まるには会員登録する必要があります。
詳細は日本ユースホステル協会のHPにあります。

YWCAとは宗教団体が経営している簡易宿泊所で主に女性しか泊まれません。

ここでは私が滞在したユースホステル等、旅の宿を紹介してます。
*表記した値段は当時のものなので参考までに

イタリア

イギリス

イタリア

イタリアのユースホステルはOstello(オステーロ)といいます。
オフィシャルホームページはこちら>>>

フィレンツェ
ユースホステル オフィシャルホームページ>>>
1977年
★★★★
フィレンツェYHは街の少し郊外にあり、駅から歩くと1時間以上はかかる。吹き抜けのロビーと装飾絵画がすばらしいクラシカルなYHで設備も良く、人気のYHだ。朝食はチケット制で飲み物とパンだけで物足りないが、夕食(有料)は安くてボリュームたっぷりでおすすめ。自動販売機、洗濯機もある。バーもあり、ジュースやお酒、スナックが買える。ポストカードなども格安だ。元気のない茶とら猫がいた。

 

ローマ
YWCA
(33,000Lit/1997)
★★★
駅のすぐ近くにあってとても便利で、キレイなYWCA。もちろん女性のみしか泊まれない。玄関はオートロックだが、ガラスごしに中から見えるので、鍵がかかっていても受付の人が開けてくれる。1階にはお菓子とコーヒーの自動販売機があり、そのコーヒーが安いし美味い。朝食はビュッフェスタイルで自由に食べる。YHの前の通 では早朝にメルカートが並ぶ。部屋の人数によって料金が多少異なる。女性だったら、遠くて不衛生と不評(らしい)のローマYHよりはこちらがおすすめ。

No photo

ヴェネチア
ユースホステル オフィシャルホームページ>>>
★★★
(27,000Lit/2000年)
ジューディッカ島にあるためワポレット(船)で行く。駅からだと30分ぐらいかかる。清潔で設備も良く、広い。各ベットには大きなロッカーがある。シャワーの数も多い。1階には売店があり、飲み物やお菓子やデザートが買える。夕食は安くてボリュームたっぷりでおすすめ。パスタやメイン、デザートなどが自由な組み合わせで注文できる。

ミラノ
ユースホステル オフィシャルホームページ>>>
★★
(26,000Lit/2000年)

ヴェネチアで貴重品の盗難被害にあった後に滞在したYhだったのだが、気分が落ち込んでいてyhのことはあまりよく覚えていない。。

ドイツ

ユースホステル発祥の地ドイツではユースホステルのことをJugendherberge(ユーゲントへアベルゲ)といいます。
オフィシャルホームページDJHではドイツ国内のユースホステルの詳細情報がみれます(予約もできるかも?)

フランクフルト
ユースホステル DJHオフィシャルホームページ>>>
★★★
(27DM/2000年)

駅からは少し遠いい。歩くと30分ぐらい。ザクセンハウゼン地区にある。設備は充分で売店や自動販売機、ディスコもある(入った事はない)。冬では暖房がよくきいている。

ドイツ旅行と卒業旅行の時と2回滞在した。

ミュンヘン
ユースホステル DJHオフィシャルホームページ>>>
★★★
(ドリトミー26DM・シングル37DM/2000年)
ミュンヘン中央駅からローカル線でいくつか行ったところの駅から15分くらい歩いたところにある。古城YH。設備はまあまあよい。部屋はきれいで私は4人部屋に泊まった。朝食はビュッフェで品揃えも豊富.。YHの周りには店らしい店がないので注意。
ミュンヘン
YWCA
★★
(シングル40DM・2〜3人部屋35DM・6〜7人部屋30DM/'99)
中央駅の近くで便利。女性のみ。私は2人部屋に泊まった。真っ白い部屋で布団もふかふか真っ白で気持ちいい。時々水が出るシャワーがちょっと不満だったかな。根気良く出しつづけてるとお湯になる。朝食はセルフで飲み物やパンなど。日本語の案内が用意されてる。日本人多。入り口は入りずらい感じだが呼び鈴のボタンを押せばあけてくれる

ニュルンベルク
ユースホステル DJHオフィシャルホームページ>>>
★★★★★
(29DM/1999年)
小高い丘の上にある古城YH。行くまでの坂道が結構ツライ。設備も良く人気も高い。エレベーターがあり、以外と近代的で広い。お菓子やジュースの自動販売機がある。受付でカップコーヒーを注文できるようだ。朝食はバラエティー豊かで大満足。食堂も広くていかにも古城っぽくてすてき。すぐ近くにカイザーブルク(城跡)があり、そこからの景色は最高!。

バッハラッハ
ユースホステル DJHオフィシャルホームページ>>>
★★★★★
小さな村バッハラッハの山の上にある素敵な古城YH.山を登らなくてはならないのが大変。冬は雪が残っているとすべるので普通 の靴では大変。YHへの山の入り口はわかり難いのだが、教会の脇の小道を入って行く。しかし苦労して登る価値のあるYHだと思う。景色も最高であった。私が泊まったのは8ベットの部屋。その日(3月頭)は3人だけだった。部屋にシャワーもついている。食堂で美味しい夕食(有料)も食べられる。食べたい時は直接食堂で支払いをする。

トリアー
ユースホステル DJHオフィシャルホームページ>>>
★★★
駅から歩くと30分ぐらい。モーゼル川沿いの静かな場所にある近代的なYH.私が泊まった部屋は4人部屋だった。部屋にはロッカーがある。シャワーもついている。ロビーにはジュースとお菓子とアイスクリームの自動販売機がある。食堂はきれいでひろく、朝食はバラエティーに富んだメニューだった。

スイス

 

サンモリッツ
ユースホステル
★★★★★(地下の相部屋34DM 朝夜食付き/2000年)

キレイで広く、近代的なYH。駅から歩くと30分ぐらいだが、バスで行けば速い。受付は2階にある。めずらしく土足厳禁。ここは夕食も込みの料金になっている。私が行った時は運悪く一杯だったが、地下の部屋なら空いているといわれそこに泊まった。暗く、倉庫を改造したような簡素なへやで、なんと男女相部屋。そのため少し料金を安くしてくれた。
夕食や朝食は満足できる。受付は売店にもなっていて、お菓子やジュースが買える。ポストカードなども置いてある。

パリ
ユースホステル
★★★(ドリトミー117FF/2000年)

モンマルトルの丘の近くにあるYH。1階はロビー兼受付兼食堂兼のホール。受付には料金表があったので確認出来る。PCが1台あって、インターネットが出来る(有料コイン制)。英字新聞が張り巡らせてあるおしゃれな(?)壁。黒猫がいた。部屋には快適なシャワートイレがついている。カーテンが花柄でかわいかった。朝食はバケット(ジャム各種)とドリンクのみ。夜はモンマルトルの丘からの夜景が素晴らしいのでおすすめです。
名前:Le Village hostel,Montmartre.
住所:20,rue d'Orsel 75018 Paris
最寄駅(Metro):Anvers
TEL:01 42 64 22 02 FAX:01 42 64 22 04

パリ
ユースホステル2
★★(D.81FF/2000年)
パリで最初に泊まったYH。パリにはYHがいくつかあるが、ここは一番安かった。バスチーユ広場を越えて少し行ったところにある。 部屋はあまりきれいではなく、ベットも寝心地は良くなかった。共同シャワーは時々水が出て不便だった。
朝食はバケット(各種ジャム)とドリンクのみ。1階のホールが食堂を兼ねているが狭い。ジュースの自動販売機がある

バルセロナ
ユースホステル パラヴ
★★★(1600pst/2000年)

ゴシック地区、ランブラス通りの近く、駅から3分ぐらい歩いたところにある。広くはなく、エコノミーでアットホームなYH。ビルの3階のワンフロアがYHになっている。部屋は4〜5人部屋で大きいロッカーが各部屋にある。シャワー、トイレは共同。キッチンが使えて自炊が出来るが使える時間は決まっている。冷蔵庫があり自由に使える。先人が残していったものらしき食器やグラスがある。日本人もよく来るようだ。朝食は小さなカップケーキ(?)とラスク(各種ジャム)と飲み物のみ。

アリカンテ
ペンシオン ポルトガル
★★★(S3000pst/2000年)

アリカンテのバスターミナルのすぐ隣にあるペンシオン。エコノミーな宿なのでYHに疲れた方にはおすすめ。バス・トイレは共同だがバスタブ有り。 シングルルームでもダブルベット。クローゼットあり。食事はつかない。

イギリス

他のヨーロッパ諸国に比べ比較的物価の高いイギリスではユースホステルも少々高めです。イギリスユースホステル協会オフィシャルホームページYHAで詳細を調べることができます。

ロンドン
Milenniamミレニアム
★(10£/ 2000年)
ユースホステルではないですが、ロンドンの少し郊外、地下鉄Bakerloo line、 KENSAL GREEN駅の目の前にある10£宿。ロンドンでこの値段はなかなかない。大きい建物。10£の他に鍵のデポジットを払うがチェックアウト時に返却される。安さもあって長く滞在している人もいるようで、そういう人と相部屋になると部屋を占領されているので不愉快かも。部屋にはシャワーがついているが、狭く使いずらく換気口がないので湿気がこもる。共同トイレの便座はワーム機能がついていて驚いた。1階の食堂はでは軽食が食べられる。朝食はパン2枚と薄いコーヒーのみ。テレビがおいてある。”ネットカフェ”なる部屋があり、1時間4.5£でネットができる。日本語は打てないのでご注意。日本人には会わなかった。宿の周りには店らしい店がない。少し歩くとパブがある。

フォークストン
B&Bサニーゲストハウス
★★★★★ (18£/2000年)

ユースホステルではなくB&Bは日本で言うところの「民宿」です。
港町フォークストンでジュリーさんとアンドルーさんのご夫婦が経営しているとってもすてきな3階建ての洋館で、各部屋ともかわいいインテリア。シングル、ダブル、ファミリールームとある。バス、トイレは各フロアで共同だが、バスタブがあってゆっくりつかれる。
すてきな食堂で朝食はフルイングリッシュブレックファースト。1階には小さなバーがあって、談話しながらお酒が飲める(私は英会話できませんが)。パーキングあり。

カンタベリー
ユースホステル
宿泊はしていないが、通りがかりにあったので撮影。古城YH。市街の外にあるが、比較的に近い所にある。
泊まりたかったな。

 

  HOME