シングルトラベラー

初心者でも英語ダメでも大丈夫d(≧▼≦*)

How-to

7.海外一人旅の出発

はじめての海外入国

長いフライトを終えていよいよ目的地の空港に到着。着陸の瞬間は離陸の時とはまた少し違った緊張と感動があるでしょう。

入国までの流れ

到着>>>入国審査(イミグレーション)>>>荷物の受取り>>>税関>>>入国 飛行機を降りたらまずは入国審査(イミグレーション)に向かいます。人の流れについてゆけばたいていは迷うことなく辿り着けます(中にはトランジット(乗り換え)の乗客もいるので注意)ブースがいくつかあり、現地の人用、外国人用などと別れている場合があるので確認して外国人用に列びましょう。イミグレーションではパスポートと入国書類(国によって異なる。機内で配られて記入する)航空券を提示します。 *国によっては帰りの航空券や初日の滞在宿が決まっていないと入国できない場合もあるので事前に確認しましょう。 *英語で質問をされることがありますが、普通の観光客ならあまり心配いりません。日本人がよく行く観光地では日本語で話しかけてくることもあります。 *国によっては指紋や写真をとる場合もあります。 確認が終わるとパスポートに入国スタンプが捺されます。 イミグレーションを無事通過した後、荷物を機内預けにしている場合はターンテーブルに向かいます。ターンテーブルは複数あり、便名が掲示されているので自分の乗ってきた便名のターンテーブルにて荷物が出てくるのを待ちます。 [ワンポイント] 似たようなカバンが多いので預ける前に何か目立つ目印を付けておくとわかりやすくてよいです。自分の荷物をよく確認して(もし破損などかあった場合はバゲージクレームへ行きクレームをいれましょう。補償してくれます)ピックアップしたら、荷物に付けてあるタグ番号と航空券に張ってある荷物番号があってるか確認をうけます(確認されないことも多いです)。 荷物を機内預けにせず、機内持ち込みにした場合はターンテーブルはスルーです。待つことなくてスムーズなのでお勧めです。 次に税関ですが、挙動不審な行動をしなければ特に問われることはありません。 そして入国です☆

[いくらのプチコラム]預けた荷物がこじ開けられていた!
アエロフロートロシア航空でロシア経由でイタリアに行った時のこと。乗換え地ロシアでは荷物は自動的に飛行機を移し変えられるので、日本で預けた荷物に久しぶりに会ったのはイタリアについてからでした。ターンテーブルでピックアップしてとくにチェックもしないで入国。荷物から傘を出そうとあけようとしたとき。 「?!開かない??」 なぜかカバンが開きませんでした。よく見ると鍵の周辺がなにか工具で傷つけたとみられる跡だらけになっていました。Σ( ̄■ ̄;) 幸い、貴重品は入れていなかったので盗られたものはありませんでしたが、カバンの中はあらゆるポーチのチャックがあいていて旅の初日から気分最悪でした。


■1人旅専用ツアー!「1人参加追加代金」不要!
>>> 「一人旅ツアー」エイビーロード
テーマのある旅:ひとり旅×大自然  ひとり旅×スパ  ひとり旅×アフリカ